自動車

新車にするか中古車にするか


 新車を選ぶか中古車を選ぶべきか。それが問題だ―。
 クルマを買うときには、予算との兼ね合いもありそこが大きな悩みどころとなります。

・金には余裕があるし、好きな色やオプションを選びたい
 この場合は、新車一択です。予算の範囲内で付けたいオプションをどんどん盛るといいでしょう。正規代理店であればのちのち整備などで優遇してくれることもあり、お得です。
また人気色でもたいして価格差が無く買えるのもポイントです。

・お金がないので、とにかく走ればいい
 この場合は中古車となります。妥協に妥協を重ねることになると思いますが、安物買いの銭失いになってしまっていけませんから地雷の見極めはしっかりとしましょう。少しでも不審なところがある業者は利用しないほうが懸命です。

・色は我慢できる
 この場合は中古車や新古車がお得です。人気のない色であれば売れないので、新しくダメージの少ないクルマでもグッと安価になるのです。変な色さえ我慢すればかなりお買い得となります。
 ただ、どうしてもかっこ悪いのを我慢することになるので、若者には受け入れがたいかもしれません。

・不人気車種なら安い
 現在はRVやワゴンフレームが人気で、セダンタイプは全く見向きもされない状態です。そのため、見た目は気にしないというのであればセダンの中古車はいい物を比較的安価に購入することができます。

・軽自動車なら新車
 軽自動車は元から普通自動車に比べて低価格かつ安不審なので下手に中古車を買っても安物買いの銭失いにしかなりません。
 また雪国では古い軽自動車の運転は命に関わります。そのため、軽自動車を購入するときは新車を買うようにしましょう。新車にしても税金など維持費は安いですから、普通車と比べるとそれでも安価なはずです。

・事故車や災害車
 事故の規模や災害の種類によりますが、そうした中古車は安価でも充分に利用に耐えることがあります。事故車でも小さい事故でドアを交換しただけで、災害者でもひょう害や鉄粉で車体が傷ついているだけなど、条件によっては本来の走行性能には全く影響ありません。
また、車庫入れなどで前後四隅を凹ませただけでも事故車とみなされることもあり、こうしたクルマであれば走る分には全く支障はありません。価格と状態次第ですが検討する価値はあります。
 ただし、事故や災害の規模によってはクルマに大掛かりな補修を施していることもあります。そのような場合はそのクルマ本来の走行性能や安全性能は失われている可能性が高いため、注意が必要です。見極めに自信がない場合は避けたほうが良いでしょう。

自動車(じどうしゃ、automobile/car)は、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条(軌道)や架線によらないで、走行する車両。人や荷物を運搬するために使用されることが多い道具・機械である。
車や自動車の情報サイト
自動車の値引きガイド新車購入の際に値引き交渉を有利に進めるコツや見積書の読み方など。
新車値引きや中古車各種自動車・車種ごとの特徴やコンセプト、値引き情報・中古車情報など
価格と購入情報のThe値引き新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
新車と値引き情報新車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。
新車の値引き交渉においては各項目をよく見て、交渉できそうなところがないか検討し、担当者と相談しながら支払い総額を出してもらいましょう。
この支払い総額を比較すればどこで買うのが一番安いか一目瞭然というわけです。

中古車の購入


近年の不況により自動車の購入を考えた際、中古車という選択肢を取ることが増えてきたことと思います。日本は登録されている車両の半分が中古車という世界的にみれば特殊な環境ですが、豪雪地帯以外の気候や路面状況では自動車はとりあえず走行できれば役割を果すことができますので、より中古車の需要は高まることでしょう。

中古車の最大のメリットは、なんといっても新車とくらべて安価なことです。数百万円するような車種でも、中古では100万円前後ということも少なくありません。
また、壊しても新車ほどもったいなくないというのも利点です。同じような擦り傷でも、初めてつけてしまった傷と既にいくつめかの傷では精神的なダメージが違ってきます。免許取りたての人や運転に自信がもてないという人の場合、新品のクルマよりは気楽なのでよりプレッシャーが少ない状態での運転が可能です。
中古車を扱っているショップでは複数のメーカーのクルマを並べて展示しているので、そのなかから選択できるのもメリットです。新車の場合は取り扱いディーラーによりメーカーはもちろん車種を限定して展示していますから、網羅的に様々なクルマの中から選びたいという場合は、中古車ショップを見てみるというのも一つの手です。展示している車両以外でも系列店などから取り寄せてもらうこともできますので、より柔軟に気に入ったクルマを探すことが可能です。
場合によっては、そのショップで新車を注文するということも出来ます。

もちろんデメリットもあります。
まず、既に人の手に渡り利用された車両ですから、消耗品の交換が多数必要な場合があったり、臭いがついていたり傷があったりと使用感があります。また車検を自分で取り直さなければならないこともあります。
使用感は妥協と我慢で済みますが、消耗品の交換と車検をあわせると下手をすると新車を買ったのと大差ないくらいに費用がかかってしまうこともあるので要注意です。

また、新車で買った時よりも耐用年数が短いですから、買い替えのタイミングもより早く来ることになります。年数あたりの価格を考えたら新車のほうがお得だったということもありえるので、しっかり確認してよく検討しましょう。長期の利用を考えている場合も、中古車は向かないでしょう。

中古車は新車と違い既に市場に出た車両ですので、好みのオプションを自由に選ぶことはできません。メーカー取り寄せなどで対応はできますが、新車のときより費用が高くなってしまいます。

中古車を購入するときは以上のようなことを考慮して、よりメリットの多い選択をするようにしましょう。

買取価格の相場と自動車査定買取・下取り・査定に関する情報を集めたスペシャルサイト
車の買取とは買取業者に現金や振込みで車を買い取ってもらうことで、下取りに比べて査定価格が明確になるのが特徴です。
下取りだと実際にいくら値引きされたのか、査定は適切なのか判断しにくい場合が多いのに対し、買取の場合はそれらが明確になりやすいでしょう。自動車の購入新車値引きや中古車・買取査定情報、自動車保険・新型車・燃費などに関する総合情報ページ。
車は高価なモノですので、売却にあたって予備知識をしっかり仕入れておくことは大変重要です。交渉の巧拙によって数万円から場合によっては10万円以上買取価格に差が出る場合もあります。正しい知識を身につけて少しでも高く買ってもらいましょう。
車のリースと料金ライフサイクル、ニーズに合わせて新車に乗れる。3~5年の契約期間を選んでムダなく乗る 合理的なカーライフプランです。
自動車の購入には一時的に高額の資金が必要になりますが、リースの場合毎月のリース料の支払のみで自動車を入手することが出来ます。
車の査定と買取相場の情報サイト中古車の買取査定についてその価格相場や高く売るためのコツなど。


Powered by "Naruse Contents Planning"
[PR]
# by car-Dr | 2012-12-17 09:24 | 自動車

どの様な運転が燃費性能の向上に繋がるのか

 近年発売される車の多くは“エコカー”と呼ばれ、燃費性能が大幅に向上しているものが続々登場しています。ユーザーにとっても重要視する点となる燃費性能ですが、車自体の性能は勿論のこと、運転技術によってもその性能は左右されます。運転の仕方次第では、実に10%以上もの差が出てくると言われているのです。では、どの様な運転が燃費性能の向上に繋がるのでしょうか。

 多くの方はご存知かと思いますが、急発進、急加速、急ブレーキといった荒っぽい走行をしないことが低燃費走行の基本となります。このことは、燃費が悪くなるだけでなく自動車自体に大きな負担となり、その寿命を縮める要因の一つとなります。

More
[PR]
# by car-Dr | 2012-06-18 12:52 | 自動車

中古車の選び方

様々なメディアに中古車の選び方、と言うことが掲載された時期があった。
かなり専門的な事が書かれていて、素人には解らない事が多く、理解できなない部分も多かったと思う。
ここでは、前オーナーの人となりが出て、それがどう車に影響を与えていたかと言うことを考えて、その中古車がどういう程度なのかと言うことを推理することにしたい。
ある意味では、一種の“賭け”になるのかもしれないが、結構な確率でこの賭けは当たると思っていただいてもよいと思う。
なぜならば、その車と過ごした時間の全てが、表現されているから当たる確率も多いと言うことになる。

ポイントは“綺麗な車は程度がよい”と言うことに尽きると思っていただきたい。
中古車を店頭に並べる時に“商品化”といって、内外装をクリーニングすることは結構あるものだ。しかし、業者に依頼をした場合にはバカバカしいほどの低料金での依頼になり、とてもではないが隅から隅まで、徹底的に綺麗にすることはできない。
従って、大きい面は綺麗になっているが、細かいところを見れば“やり残し”があるので、正体は割れるのだ。かえって、自店の従業員にやらせた方が綺麗になるばあいは多気のかもしれない。
内装・外装について、元がどんな状態であり、前オーナーがどうこの車と付き合っていたかが判るポイントを、ここで述べていきたい。

More
[PR]
# by car-Dr | 2012-05-08 10:12 | 中古車

新車の値引き交渉

 ここでは値引き交渉時の基本からもう一つ踏み込んだ手順についてお話したいと思います。

 商談の際に基本となるのは、最初から余り余計なことは話さない事です。これは、商談の相手となる営業マンに言わなくても良い情報を与えてしまい、そのことから「値引きの判断」をされてしまう危険があるからです。まずはハッキリと言い切るのを避け、曖昧な応答で大丈夫。
また、最初から値引きの匂いをさせては相手に交渉のペースを握られてしまいかねません。買う意思はあるものの、検討中であるとういうことを印象づけるのが第一段階といえるでしょう。

More
[PR]
# by car-Dr | 2012-03-12 18:32 | 自動車

本当のエコとハイブリッドカー

本当の意味で環境と家庭事情に優しくするには一体どうしたら良いのか。答はいたってシンプルである。
必要以上に車に乗らないことだ。都会で一人暮らしの人などは最早、公共交通機関が充実しているし、駐車場代も月数万掛かり燃料代も掛かることを考えると車を持たなくても良いかも知れない程である。
本当に必要なときにはレンタカーやタクシーを利用すればそれで十分事足りるのだ。

普段公共交通機関などを利用し、月に車に乗る必要な回数が数回などという人は、1回数千円からのレンタカー代や初乗り710円のタクシー代と新規に車を購入し、その車の維持にどれだけお金が掛るかを比較検討して見れば良いだろう。明白な答が出るはずだ。

More
[PR]
# by car-Dr | 2012-01-16 10:40 | 自動車

ハイブリッドカーは本当にエコか

 近年、地球温暖化などの環境保全の観点や世界同時不況による燃費効率化による節約の観点からハイブリッドカーが登場している。
ハイブリッドカーのハイブリッド(Hybrid)は混成の意で従来の動力源であるガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた自動車を指す。
例を挙げると、トヨタのレクサスやプリウス、ホンダのインサイトやフィット、日産のフーガなどが話題を呼んでいる。

 ハイブリッドカーの特徴を一言で言うのであればリッター20キロ以上走るという燃費効率の良さで二酸化炭素排出量を削減し環境に優しいと言うことと、2008年のガソリン急高騰は一段落したものの未だ高いレベルで推移しているガソリン価格を踏まえると、家庭のお財布にも優しいと言えるということだ。
政府のエコカー減税政策もありトヨタのプリウスは爆発的に販売シェアを伸ばした。

 しかしながら、これらハイブリッドカーがどこまで環境と家庭事情に対して優しいのかというと些かの疑問が残る。
ハイブリッドカーとは言え、高速道路を多用する人としない人ではエンジンへの負荷の掛かり方が異なり、当然燃費は落ちるし、何よりもガソリンエンジン車と決定的に異なる点はバッテリー寿命が存在することである。

More
[PR]
# by car-dr | 2012-01-05 13:40 | 自動車

震災と中古車

中古車需要が急増 在庫流失、業者も苦慮
東日本大震災の大津波で多数の自動車が被災した宮城県で、中古車の需要が急増している。メーカーの生産停止で新車が少ない上、被災して購入費用に余裕がない事情もある。中古車販売店も被災で在庫不足が深刻化し、生活再建の一歩として車を求める沿岸部住民の願いをかなえきれていない。

More
[PR]
# by car-dr | 2011-04-14 11:50 | 中古車